×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ヒゲ剃りはおっくう?

ヒゲ剃りは、特に忙しい毎朝に行う際にはついつい雑になってしまいます。お湯でぬらしてヒゲを剃るだけだったり、洗顔ついでに石けんを伸ばして剃ったりしていませんか。確かに何もつけないで剃るよりはマシではあるのですが、剃り負けや剃り残しにはになってしまいますね。これは安全カミソリを使用した場合のヒゲ剃りのお話しをしていますが、お湯でぬらすだけでは、ヒゲや皮膚は柔らかくはなりますが、カミソリの滑り具合についてはあまりスムーズにはなりませんね。石鹸を使用してみるとカミソリの動きはスムーズになるものの、ヒゲや皮膚を柔らかくするには時間を必要とします。そうなると力まかせにガリガリとヒゲを削るように剃ってしまって、肌を傷めてしまいます。安全カミソリを使用した場合のヒゲ剃りには、シェービング剤を使用することがそれらの難点をクリアさせるアイテムとはなりますが、やはり洗顔とヒゲ剃りの2段階を踏むのは時間の無い朝には手間とも感じてしまいます。となると洗顔できるシェービングフォームが気になりますね。

ヒゲ剃りはシェービングフォームで

ヒゲ剃りのシェービングフォームは、上記にもある「泡立てた石鹸でヒゲを剃る」という作業のうちのまず「石鹸をお湯で泡立てる」という工程を短縮する目的で作られました。では、どうしてヒゲを剃る際には泡立てた石鹸やシェービングフォームを使う必要がるのでしょう。 その答えは肌の水分にあります。肌の水分は肌の艶と張りを持たせる役割があります。男性の肌は、女性の肌に比べて水分が20%ほど少ないことが判っています。この艶と張りの少ない肌に何もつけずにカミソリを当ててヒゲを剃ろうとすると、たちまちカミソリ負けしてしまいます。ヒゲは水分を含むと柔らかくなる性質を持っており、固い状態のヒゲは剃りにくくもありますし、剃り残しの原因にもなります。また、シェービングフォームには石鹸と同様に洗浄作用もありますので毛穴の汚れを洗い流すことも出来ます。従来のシェービングフォームがスプレー缶を使用していたのは、ガスによって石鹸液に圧力を掛けて泡立てるためです。「フォーム(Foam)」いう言葉には「泡」と言う意味があり、泡タイプのシェービングフォームが一般的ではありますが、ジェルタイプのシェービングフォームもあります。

ヒゲ剃りはシェーバーで

ヒゲ剃りには、カミソリによる方法以外に電気シェーバーを使用する方法もあります。カミソリによるヒゲ剃りとは異なり、通常は、使用時に皮膚には何も塗りません。肌荒れを防ぐためにプレシェーブローションを使用する人もいます。長いヒゲを剃る際には、毛先がシェーバーの金属板の穴にうまく通らず、剃り残しも起きてしまうという点もあります。ですが、水や石鹸などが不要であるということは、電気シェーバーの最大の魅力でもありますね。電気シェーバーのメーカーとしては、ブラウンやフィリップス、松下電器(ナショナル)、日立、セイコーなどがありますが、種類としては、回転式やロータリー式、往復式などがあります。回転式の特徴としては、肌にやさしく、滑らかで静か、深剃りには、若干不向きの肌の弱い人向け。らせん状に並んだ内刃が回転しながらカットするロータリー式は、回転運動のため、滑らかで静かで深剃りが効き、肌に優しく、深剃りしたい人向け。そしてスタンダードなタイプの往復式は、ヒゲを捕らえる面積が広く手早くカットでき、とにかく深剃りヒゲの濃い人向け、深剃り重視ですが振動や騒音が大きめ。という特徴があります。

Copyright © 2007 ヒゲ剃りはこうする